最新情報


開催概要


メインテーマ 漢方薬・温故創新 これからの漢方薬のあり方を語る
開催日 2011年11月9日(水)
会 場 奈良県文化会館国際ホールほか
主 催 奈良県 甘粛省
概 要 奈良県は、世界的に有名な古都であり、歴史的な文化遺産に恵まれた地です。古くは古墳の時代より、シルクロードの旅人に運ばれた文化がこの地に流れ込み、日本文化の源泉となりました。その中で特に医薬術については、中国から輸入された知識やくすりを基に日本国内での薬草の栽培等も活発に行われ、病に苦しむ人々を助けました。そのような経緯から、現在も奈良県では製薬企業が漢方薬、和漢薬を取り扱っています。
本シンポジウムでは、漢方薬のことや、奈良と漢方薬のつながりについて、より理解を深めていただき、奈良県がくすりの都市として更なる発展ができるように、中国の生薬生産が有名な甘粛省と連携し、奈良のくすりの歴史を紹介するとともに、パネルディスカッションを通じてこれからの漢方薬のあり方について議論します。
 特に、医師の7割以上が日常診療に漢方薬を用いていると言われていますが、この国民の医療を支えている漢方薬を未来においても安定的に患者に提供できるようにするため、原料生薬の安定供給に向けたスタートを切る機会とします。
コーディネーター 渡辺賢治 氏 (慶應義塾大学 准教授)
講演者 姜華 氏 (甘粛省中医薬研究院主任薬師)
馬志忠 氏 (定西市中医薬産業発展辦公室主任)
王心安 氏 (隴南市中医院副院長)
米田該典 氏 (日本東洋医学会 元副会長)
佐藤弘 氏 (東京女子医科大学 教授)
嶋田康男 氏(日本生薬連合会 技術参与/三星製薬株式会社)
使用言語 日本語、中国語
共 催 慶應義塾大学漢方医学センター
東京女子医科大学東洋医学研究所
東京大学医学部漢方生体防御機能学
奈良県薬事団体連合会
奈良県製薬協同組合
日本生薬学会関西支部
宇陀市
後 援 厚生労働省
社団法人日本東洋医学会
和漢医薬学会
日本漢方生薬製剤協会
日本生薬連合会
財団法人日本特産農産物協会
大阪家庭薬協会
特定非営利活動法人健康医療開発機構
公立大学法人奈良県立医科大学
同志社女子大学薬学部生薬学教室
奈良県家庭薬配置商業協同組合
社団法人奈良県薬剤師会
社団法人奈良県医薬品登録販売者協会
奈良県医薬品小売商業組合
奈良県家庭薬卸協同組合
奈良県医薬品卸協同組合
奈良県医薬品配置協議会
社団法人奈良市薬剤師会
事務局 奈良県医療政策部薬務課 
〒630-8501 奈良市登大路町30 
TEL0742-27-8673 FAX0742-27-3029 E-mail narayaku@office.pref.nara.lg.jp