HOME ご挨拶 プログラム 参加者へのご案内 発表者へのご案内 演題募集 会場のご案内 アクセス

発表者へのご案内

PC発表の皆様へ
  • ノートパソコンによるプレゼンテーションは、CD−RまたはUSBメモリによるデータ持込(Windows限定)によりご発表が可能です。以下の要項を、研究会へ出発する前に予めご確認下さい。
  • 発表は、各演者ご自身で手元にある機材を用いてスライドの操作をしていただきます。また、発表データのプリントアウトは各自でご準備の上、ご持参下さい。当日会場では対応しかねます。
  • 発表時間内であれば、枚数その他に制限はありませんが、発表時間は厳守でお願いします。
試写について
  • 発表の1時間前(早朝の場合は30分前)までに3階PC受付にて受付・試写を済ませてください。
  • お持込のデータを、PC受付の試写用パソコンにて動作確認をして下さい。
  • オペレーターがデータをHDにコピーし、それを開くことができるかを確認いたします。
  • コピーしたデータは、発表終了後、主催者側で責任を持って消去します。メディアはその場で返却させていただきますが、予備としてご自身で発表会場までご持参下さい。
ご発表機材について

データ受付の場合

  • 口演演題会場ではWindows(OS:XP、PowerPoint 2003/2007 がインストールされたもの)をご用意いたします。発表データは、以下の条件で準備をしてください。
  • 持ち込むメディアの媒体はUSBメモリまたはCD−Rでお願いいたします。ただし、動画のある場合のみ、ご自身のノートパソコンをお持ち込み下さい。
  • プレゼンテーションソフトは、Windows版PowerPoint とします。
  • バージョンは、PowerPoint 2000、XP、2003 、2007 までとします。
    ※Windows VISTA のPowerPoint 2007 で作成されたデータは、予めPowerPoint 2003 の形式で保存し、PowerPoint 2003 で起動可能かチェックしてください。
  • 画面の解像度はXGA(1024×768)です。この環境のパソコンで画面の全てが不具合なく表現されることを予めご確認ください。
  • 画面を端まで使用すると、再現環境の違いにより文字や画像のはみ出し等の原因になることがあります。
  • 発表データは文字化けを防ぐためにWindows標準搭載フォントにて作成してください。
  • 動画および音声データがある場合、またMacintoshの方はご自身のPC をお持込ください。

PC本体をお持ち込みの場合(動画のある方のみ)

  • Macintosh はパソコン本体持込みのみ対応します。データでの持込みはできません。
  • PC 持込みの場合は、ACアダプターを必ずご持参ください。プロジェクターとのコネクタの形状はD-Sub15ピンに限ります。PC によっては専用のアダプターが必要になりますので、必ずお持ちください。(VAIO 等小型PC・Macintosh は別途アダプターが必要な場合がありますのでご注意ください)
  • スクリーンセーバー・省電力設定機能は事前に解除しておいてください。
  • バックアップ用として必ずメディア媒体(CD-RまたはUSBメモリ)をご用意ください。
発表・討論時間
  • 「一般演題」の発表時間は4分、討論時間は3分、1演題計7分です。
  • 「シンポジウム」の発表時間は7分、質疑応答は2分、それとは別に総合討論を全員の発表後に行います。
  • 「パネルディスカッション」の発表時間は7分、それとは別に総合討論を全員の発表後に行います。
  • 円滑な進行のため、発表時間の厳守をお願い致します。
座長・司会・コメンテーターの方々へのお願い
  • 担当セッションの開始30分前までにご来場の上、参加受付にてご登録下さい。
  • 参加受付に「座長・司会・コメンテーター受付」という受付を設けておりますので、そちらで受付をお手続き下さい。
  • 円滑な進行のため、各セッションの制限時間を守っていただけるように、お願い申し上げます。